ワビサビVESPAライフ

1番欲しいVESPA【前編】〜失ってわかったGTSの楽しさ〜

記事公開日: 2016/05/14 最終更新日: 2016/10/08

1番欲しいVESPA【前編】〜失ってわかったGTSの楽しさ〜

売却前の最後のツーショット

売却前の最後のツーショット

GTS250を手放してから早3ヶ月。
実はちゃっかり大型バイクに乗り換えていたわけで…

2台持ちは金銭的な難しさと、嫁の視線の厳しさゆえにあきらめましたが、
留めておけるものならおきたかったというのが今の感想です…

じゃあ乗り換えるなよ!って話なんですが笑

なぜ大型バイクに乗り換えたのか?

去年の12月に大型免許を取ってしまった事がそもそものはじまりでした。。 というのも、GTSに出会ってバイクって楽しいなぁという想いが日に日に増してしまい、
「250ccでこんだけ楽しいんだから大型ってどんな感じなんだろう?」と…

試乗をしたいなぁと思っても、普通二輪しかない私はそれが出来ず、
歯がゆい想いをしていました。
(中型とって大型欲しくなるって言うのはあるあるらしいですね。。)

「買わないにしてもとにかく乗ってみたい!」
という事で念願の大型免許を取得。(嫁とは少しもめましたが笑)
最近はレンタルバイクも充実しており、月に1回くらいのペースで
Ninja1000やら、MT-09やら、国産で評判の良いバイクから乗ってました。
それで「スゲー!はえー!」と感動しまくってしまったわけです。。

というで一番はスピードです。

大型を所持してみてわかるGTSの楽しさ

そんなこんなで大型所持に至り、スピード感の爽快さやツーリングの楽しさなんかは確かにわかりました。
しかし、GTSを所持してた時の「気楽さ」や「便利さ」、そして、
なんと言って良いか微妙なところですが「所有してる楽しさ」みたいなものは思っていたよりも少ないという事も。

たしかに大型バイクで「丸1日かけて300kmツーリング」とか
「1人で遠出して話題のご飯やでメシを食う」みたいな事はGTSより楽しいかもしれません。
また、「大型バイク仲間でつるむ(まだやった事無いですが)」という事も楽しみの1つになるのかも。

でも、「気楽に2人乗りして出かける」だとか、
「10分先の薬局で買い物する」とか、
「服屋めぐりで3時間くらいかけてじっくり買い物する」
といった使い方では、やはりGTSの方がラクだし、そして楽しかったなと。

もちろん大型バイクは速くて爽快だけれどギア車ですし、車重も重い。そして荷物が積めない。
だからおのずとツーリングメインになるんですよね。

GTSだったら、たしかにツーリングでは大型バイクより楽しいとは言いがたいけれど、その他の用途では楽しさの面で勝っていると思います。

じゃあ速いVESPAに乗ればいいのでは…

そう、気づいてしまったのです。。。
ツーリングも楽しめるスピード感があるVESPAがあったら、それが一番自分にあってるのではないかと…
しかし、ギア車もオートマ車も含め、VESPAの中でも速い方に部類されるGTS250で満足できなかったという事は、
もうチューニングをするしか無いのかと。。。

そして、ここから私の一番欲しいVESPA探しがはじまったのです。。。

そもそもオートマなのか。。

速さをもとめるなら、オートマで良いのか?
まずはここから調査を始めました。
ノーマルで最速は一番排気量も大きく、馬力も一番高いGTS300だと思われます。
速さの基準を単純にする為に馬力のみ参考にしますが、
カタログ値では約22ps。

しかし、オートマはベルト駆動ゆえ、馬力のロスも大きく、
後輪が路面に伝える馬力は18ps前後と言われています。(海外情報ですけど。。)

出典:scooter-tuning

ではGTS300をベースにチューニングしたらどうか?
どうやら標準で積んでいるクオーサーエンジンに手を加えるしか無く、
マロッシのボアアップやら、燃費調整やら行っても、30psには届かないようです。
(ターボ積んで40ps!みたいなのもありましたが、現実的ではなさ過ぎです…)
つまり伸びシロがあまり無いという。
これではGTS250が少し速くなったくらいで、スピード感としては大型バイクには全く届かないのかと…
ということでオートマは候補から消えました。

ギアVESPA最速車は?

おそらくノーマルではPX200なのではないかと考えています。
馬力は11psくらいなようで、このままでは非力ですが、
2stでパワーが出やすく、チューニングパーツの種類も豊富です。
以前youtubeで調べた時には、実際51psをたたき出すPXらしきVESPAも発見しました。
以前の記事はこちら

その後もこまごまと調べてみると、
どうやら20〜30ps程度出すのはそんなに難しい事ではないようです。

出典:scooter-and-service

上の写真は海外のVESPAショップが用意しているpx200のエンジンのチューニングメニューです。
その気になれば50psもいけるそうで…
やっぱ2stはすごいっすね。。

という事で、やはり「ギアVESPAでチューニング」というのが一番近そうです。
そして車体はpx200かと。

こうしてかなり絞れてきたところで、びっくりなVESPAを発見!
かなり理想にちかい!!これは欲しすぎる…
ただ、長くなるので後編に続きます。

次回はこの理想のVESPAについて詳しくご紹介します。

2 Responses to “1番欲しいVESPA【前編】〜失ってわかったGTSの楽しさ〜”

  1. としみつ より:

    後編が楽しみですー(^o^)

としみつ にコメントする

※コメントは承認がおりてから掲載されます。