ワビサビVESPAライフ

vespaGTS250のパーツを輸入:ドイツにある海外パーツサイト「S.I.P.」の初利用から注意すべき点まで

記事公開日: 2014/08/18 最終更新日: 2016/09/19

vespaGTS250のパーツを輸入:ドイツにある海外パーツサイト「S.I.P.」の初利用から注意すべき点まで

sip画面 駆動系バイク購入後の約3,000kmを走り、走行距離は18,000kmを超えた。
発進時には駆動系のケースの中からカラカラと音が良くするようになったり、たまにバイブレーションが起きたりと、「これはいよいよヤバいな…」と思い切ってメンテナンスを決意。

まずは変更すべきパーツを調査

Vベルトは交換した方が良い事は知っていたものの、他にはいったい何を揃えたらよいかはわからず…
「原付よりもスピード出るし、どうせやるならしっかり整備したいな」と思い、(だがバイク屋に頼むお金はケチる。それがワビサビBIKEライフだ!)さっそくリサーチ開始。
しかし、ベスパのスクーターは海外が本拠だし、なかなか情報を取る事が難しい。
日本語で検索しても、なかなか確かな情報はヒットせず。。。

でも今はYoutubeがある!日本だけでなく世界で販売されている車両なので、
Youtubeで「gts250ie pulley」などと英語で検索すれば、気のきく外国の方が整備してる動画をアップしてくれてたりして、非常に便利!
見た動画はこちら→https://www.youtube.com/watch?v=ZdN7wu85po0

いくつかの動画を見ると、Vベルトの他、どうやらウェイトローラーと、ガイド(スライド)というパーツを変えた方が良いとのこと。(ガイドとは、プーリーのふたに付いているパーツで、直接プーリーに触れる部分。)

でもいったいどこで買ったらいいやら。。。。ナップスや2りんかん等には全くパーツがない。。。。
だが取り寄せはしたくない!(だって遅いし、高いんだもの。。)
(国内のオンラインショップや、バイク屋に依頼して取り寄せてもらったブログなどを見ていたので、大体の相場は知っていたが、国産に比べると2倍くらい高いらしい。。)
やはりイタリア車はバイクでも高いのか…しかしあきらめるわけにはいかない。

ドイツのパーツショップ「S.I.P.」を発見

siplogo そんな時あるブログで知った「S.I.P.」というサイト。
見てみるとドイツにあるVespaパーツに特化したオンラインショップらしい。(実店舗もあるらしい。)
見てみるとまずどのパーツも想定よりかなり安く驚いた。
しかもPIAGGIOの純正パーツもあるし、マロッシなどのチューニングパーツ、さらにオリジナルパーツもある!
品揃えは超豊富だ。

利用方法

会員登録

サイトは日本語にも一応対応しているので、表示される日本語は少しおかしいが、英語がわからなくてもなんとか進めそう。
まずは会員登録。無料です。
入力は全て英語表記する必要があるので注意!
住所も日本とは違い、番地の方から入力しないとまずい。なかなか面倒な作業だ。。。

パーツをカートに入れる

登録が完了したらさっそく必要なパーツを選ぶ。
sipの良いところは、vespaの車種ごとにパーツを絞り込める事。膨大な量があるので、この機能はすごく便利!

注文!

日本からだと支払いはpaypalか、クレジットカードしかなさそうです。
自分はクレジットカードを選択。
カートに入れて決済に進み、クレジットカード入力までは日本のショッピングサイトとなんら変わらなかったが、クレジット番号を入れた後に、なにやら「3Dチェック」という工程があるらしい。
なのでクレジット番号を入れた後、その為にテキストリンクが表示されるのだが、自動で移動するのではなく、そのリンクをクリックしないと進めないみたい。(後日追記:何回も購入しているけど、いつもリンククリックしてます。)

注文が完了すると完了画面に移行。
その後登録したメールアドレスに、注文完了メールが届けば完了!
どうやら注文完了から発想迄の間に、注文内容を変更する事もできるみたい。
(実際利用した事はないのですが。。)

荷物追跡

初めて購入したときは「本当に届くのだろうか…」と不安でいっぱい。。。
配送会社はFedExとUPSから選択できる。(2015年3月現在)
※後日追記:どちらの会社も注文した事があるのだけれど、大体FedExの方が安い事が多い。
どちらの会社もWebから荷物追跡機能が利用できて、一応安心できる。

荷物到着:到着期間と送料について

ローラー ガイドはまちがえて1個しか届かなかったのだ… 実際には注文から大体1週間くらいで届く。
送料は商品の重さに決まるみたい。購入時にサイトに自動計算されて表示されるので事前に把握が出来る(※下記追記文を要チェック)のも良い。
実際にはベルトやプーリーローラーなどを複数買って大体2500円ほどだった。
送料に2~3000円ほどかかっても、まとめて購入すればだいぶ安くすむので超オススメ!
と、始めのうちは思っていたのですが、実は追加費用がかかる場合が多い事が判明。。。

※後日追記:
送料は事前にsip決済時に表示されるのだが、なんと実際の送料より安く表示される場合がほとんど。
2015年3月時点で5回ほど注文しているが、追加で費用が掛からなかったのは1回のみ。
UPSでは1回しか頼んでないので、何とも言えないけど、どちらかと言うとUPSの方が追加費用が高いのかも。
実際の追加費用
FedEx:1500円〜2500円ほど
USP:4000円ほど

かかる追加費用まとめ

実は利用していくと下記2点の追加費用がかかるのだった。
①追加送料
②関税

しかし、これらは掛からない場合もある。
①については予測不可能。
②については1回で購入する費用を抑えると発生しないようです。
どれくらい関税がかかるかについてはこちら

バイク屋さんにパーツを頼むのと比べて。。

始めのうちは追加送料や関税の事を知らなかったため、送料を考慮しても「安いな〜」と思っていましたが、
どうも全てを加味すると、バイク屋さんに頼むのと同じくらい費用はかかるのかもしれません。
ただ、純正パーツと社外パーツが一緒に買えるし、費用は高いという程でもないので、相変わらず自分の中では必須サイトになってます(笑)
パーツを見ているだけでも楽しいので、一度訪れてみてはいかがでしょう。

S.I.P.
http://www.sip-scootershop.com/

コメントを残す

※コメントは承認がおりてから掲載されます。